東京

東京駅の歴史と時を刻む「大時計」

更新日:

大時計アップ2

Riruです。
東京駅丸の内赤レンガ駅舎南北ドームにある大時計を見てきたよ。
復刻前はアラビア数字、復刻後はローマ数字が使用されている大時計。ローマ数字になってググッとレトロ感アップ。

大時計全体

駅の出口すぐにあるのでアクセス便利。写真の大時計は「丸の内北口」。屋根があるので、屋根がない所までとことこ歩いて見上げてみる。

どうしても近くで見たいから大時計の斜め下から頑張って見上げていたんだけど、最初はローマ数字を確認するだけで精一杯。結構首にくるね…!でも負けない。「頑張って私の首」と自分を励ましながら装飾を見てうっとり。(余談ですが、お掃除中だったのか時計下にある窓の一番右側のカーテンが開いてる!!ある意味レアショット。)

周りの装飾を自分の目で見れたので満足。職人さんって本当素晴らしい。日本の宝だ!!!

東京駅南北ドームの装飾を見たら、外に出て「大時計」も見てね。場所が近いので流れで見るのがおすすめ。東京駅の歴史と時を刻む「大時計」。皆に大事にされて残っていってほしいな。

スポンサード リンク336X280

スポンサード リンク

-東京
-, , , , ,

Copyright© Riru trip , 2019 All Rights Reserved.